今回ご紹介するのは、山形市の株式会社丹野さん。

一般・産業廃棄物処理から浄化槽の維持管理・環境分析など「環境保全の総合企業」として活躍されている会社です。


このたび、日本初の完熟肥料サブスクリプションサービス「エコたいひ年間パスポート」の販売を開始いたしました!

IMG_3254


「エコたいひ」とは有機性廃棄物を原料とした完熟堆肥で、
学校給食や飲食店の残さなどを有償で引き取り自社施設の堆肥化処理施設「エコプラザ」で製造加工しています。


「エコたいひ年間パスポート」は、
年間パスポート(1,000円/税込)を購入すればエコたいひが取り放題となるサービスです。


1日に30kg以上利用すると1ポイントが付与され、
年間5ポイント貯まれば次年度の年間パスポートはなんと無料になります。
しかもポイントの有効期限はなく、2年で5ポイント貯まれば、3年目のパスポートが無料になります。なお、1回だけ利用の場合は量に限らず500円で、収益の一部は地球環境に貢献できる活動に寄付されます。


つまり使えば使うほどお得に「エコたいひ」を利用でき、
さらに環境保護活動にも貢献することができる経済的にも環境的にも「エコ」なサービスです。


これまでも自社やホームセンターなどで袋詰めされた「エコたいひ」を販売していましたが、
袋詰めをする生産キャパシティの問題と、
販売量が不安定で余った堆肥の保管等のコストが収益を圧迫している状態でした。


これまで以上に「エコたいひ」を農家の方に活用してもらうにはどうしたら良いのか?
という悩みを抱えられ、2019年2月にY-bizに来所されました。


Y-bizではプロジェクトマネージャーの尾上が中心となりサポートさせていただきました。

まだ「エコたいひ」を知らない農家の方に販路拡大するための
新しい仕組みの構築に向け定期的にディスカッションを重ねていきました。

IMG_0838



まず、1回だけ利用の場合は量に限らず500円とすることで価値を明確にし、
パスポートを買えば1年間取り放題となる権利を新たに設定。
さらに、売上の一部を環境保護活動に寄付する視点を盛り込むことで
お得にエコたいひを利用しながら、環境保護活動にも貢献できる仕組みを作ることに。


こうして出来上がった新サービス「エコたいひ年間パスポート」。
販売開始お知らせページ

3月10日のサービス開始を前にメディア向け説明会を開催。
多くの記者の方にお集まりいただきました。

IMG_3218

IMG_3242


3月9日  さくらんぼテレビ Live News
3月10日 日本経済新聞 
      山形新聞

メディアにご紹介頂いたことで、サービス開始当日からパスポートが売れ、新たな問い合わせも。

株式会社丹野さんは、サービス開始によって「エコたいひ=価値ある肥料」であることを周知させ、
今後は堆肥メーカーや大規模農場等の法人向け販売につなげていく予定です!



Y-bizではこれからも事業者さんの強みを見出し、
知恵を絞ることで想いの実現に向けて全力でサポートしてまいります! 


株式会社丹野
山形市松見町12番3号
023-641-1141
http://tanno-eco.com/