長い梅雨が明け、山形でも本格的な夏を感じられる最近ですが、
暑い中で冷たいビールを飲む「ビアガーデン」を毎年楽しみにされておられる方も多いかと思います。

しかし今年はコロナウイルスの影響で、混雑するビアガーデンに行くのは難しいかも…
そんな方に、「非日常空間」「安全な環境」で楽しめるビアガーデン「SPA & BEER GARDEN」
株式会社一楽荘が運営する「天童温泉 桜桃の花 湯坊いちらく」が展開しています。

 

いちらく3
いちらく1


SPA & BEER GARDEN」は従来のビアガーデンとは異なり「地元山形の家族連れ」がターゲット
その家族連れに喜んでもらえるような「非日常体験」を展開しつつ、
ソーシャルディスタンスの確保も強化することで「安心安全な環境」を提供する新サービスです。

本サービスの「非日常体験」のポイントとして
・自社醸造施設「TENDO BREWERY」のクラフトビール
・天童温泉自慢の「美肌の湯」
といったいちらくが持つ強みに加え、
・県内初の「薪焼き料理」のライブパフォーマンス
・「ハンモックコーナー」「湯上りアイス」「アヒルのおもちゃとご入浴」といった
 家族向けアクティビティを強化。

そして安心安全な環境を提供するため、
・体温測定や手指の消毒などの感染防止対策の徹底
・例年ビュッフェ形式だった料理を、お客さま毎に盛り付けてご提供
・ビールをセルフサービスから、スタッフが注ぐ形式に変更
・会場の「さくらんぼテラス」を遊休スペースを活用し増設することでソーシャルディスタンスを確保
・土日祝日にはお昼の部を追加し、平日にはオリジナルビアカクテルの飲み放題も追加することで
 予約を分散させ混雑を緩和
・「天気予報」だけでなく「混雑度合い」の情報を「3密予報カレンダー」としてWebサイト上で公開
といった工夫で、安心してビアガーデンを楽しめるよう配慮しています。

いちらく2

本サービスの設計にあたってY-bizからは、
ターゲットを「地元山形の家族連れ」とするにあたり、
同社の強みを最大限に活かしつつ、徹底してターゲットに寄り添った企画の提案と
「3密予報カレンダー」などを使った安全対策の見える化を提案。
レジャー自粛によるストレスを抱く方に安心安全と非日常を提供できるような
具体的なアドバイスをさせていただきました。
 
さらに、本企画のスタートにあたって情報発信についてもサポート。
結果、7/18の山形新聞さんに取り上げていただきました!
 

いちらく記事

また、以前本ブログでも紹介させていただいた、湯上りにぴったりなかき氷「かまくら」
SNS等での口コミが広がり大人気とのことです!

コロナウイルスという厳しい環境の中でも、自社の強みを活かしてチャレンジを続ける一楽荘さん。
時代の流れを読みながら、天童の街に下駄が闊歩する音色が響き渡るような日常を取り戻したいと、
頑張っておられます。
 
Y-bizではこれからも自社の強みを活かし、知恵と工夫で事業者の皆様の新しいチャレンジを
サポートしてまいります!


桜桃の花 湯坊いちらく
(株式会社一楽荘)
天童市鎌田本町2-2-21
023-654-3311
https://itiraku.com/