日本で最初の安全靴メーカー、青木安全靴製造株式会社さんが、Y-bizにいらっしゃいました。
創業者の青木健之助さんが、終戦後、もう一人の創始者である故・金沢三木造氏と共に、
草履をもとに改良を重ねて「安全靴の原型」を造られたのが始まりです。
すなわち、日本の安全靴の歴史は、同社の歴史でもあります。
青木安全靴製造さんが製造しているのは、消防活動や、災害対策に用いられる炎と熱から着用者を守る「DRF series」や、足にフィットし、疲れを感じさせないスニーカータイプ、
アメリカンテイストの安全靴など、多様にラインナップ。
「黒くて」「重くて」「ごつい」、 そして「格好悪い」というイメージを覆す靴造りに取り組んでこられました。


IMG_9428


Y-bizでは、お取り扱い店舗とオンラインショップの売上増に向け、こだわりや魅力が伝わる新商品企画や青木安全靴製造さんのファンを増やすため、SNSの活用をご支援させていただいています。


そして、現在同社の取扱店25店舗およびInstagramアカウントにて、気に入った商品に投票してもらう「ピンクの安全靴キャンペーン」を実施中です。
期間中、取扱店舗に設置される投票パネルに貼っていただいたシールの数と、
Instagramでの投票用ハッシュタグの使用数の合計で、最も人気の高かったものが商品化されるかも!というもの。
これまでベーシックな色味やクールで渋い色味の商品が多かった同社にとって、
販促戦略としてだけでなく、商品開発の観点においても、新たな挑戦となっています。


各店舗での反応も上々で、お客様とのコミュニケーションのきっかけになると店舗スタッフの方にも大変喜んでいただいているとのこと。
また、Instagramを通じ、PRしてくださっている店舗もあり、
販売店さんに青木安全靴製造さんの商品をプッシュしやすくなる仕組みを提供することが出来ているようです。


また、当初の想定以上に女性のお客様からの反応も多く、
「かわいい!」「〇〇と〇〇の組み合わせはないの?」など、これまで拾いきれなかった新たな要望をお聞きするきっかけにもなっています。


これまで、なかなかお客様の声を聞く機会が無かった青木安全靴製造さん。
今後、製品のマイナーチェンジをしていくのにInstagramでお客様の意見を役立てていきたいと考えておられます。


引き続きY-bizも情報発信のサポートをしてまいります。


■青木安全靴製造株式会社
山形県西村山郡河北町谷地字真木123番地1
0237-72-4115
オフィシャルサイト:https://aoki-anzengutsu.com/
オンラインショップ:https://www.aoki-proshop.com