馬との触れ合いによって、心と体を癒すホースセラピーの活動に取組んでおられる高橋千秋さんがお見えになりました。


IMG_1058


障がい者支援施設で働いていた高橋さんは、ホースセラピーを行うために乗馬事業を立ち上げ。
馬と触れ合うことで、情緒が安定したり、笑顔になったり、
長年寝たきりだった方が回数を重ねるうちに座位を取り、
馬に乗れるようになった経験を目の当たりにしてこられました。
2007年からは、障がいの有無にかかわらず、馬に親しんでもらおうと、
「日本一たのしいやまがた馬まつり」というイベントも開催しておられます。
次なる挑戦は、なんと「馬カフェ」。
今春、山形市蔵王みはらしの丘ミュージアムパーク内に、
ホースセラピー体験と、食事が楽しめる「うまのすけカフェ」をオープンされます。
馬を介しての心身の健康促進を目的とするほか、地域交流の場として、
ミニチュアホースとのふれあいコーナーを常設し、ホースセラピーをさらに広く体験してもらいたいとのこと。


なお、高橋さんは、馬小屋をつくるための費用・餌代・管理費などへの利用をクラウドファンディングも活用中。高橋さんの想いが詰まったプロジェクトです。
ぜひ一度ご覧になってください。

うまのすけカフェについて・メニュー・チラシ (1)_page-0004

■高橋千秋さん
クラウドファンディングページ:https://readyfor.jp/projects/umanosukecafe
→現在、プロジェクトは成立していますが、プロジェクトを立ち上げたきっかけから、ホースセラピーの効果など、詳しく記載されています。ぜひご覧ください。