オーダーメイドでのギター、ウクレレ制作、およびフレット楽器全般の修理・調整を行う「ABE GUITARS(アベギター)」さんがいらっしゃいました。
代表の阿部英介さんは、大学を卒業後、アコースティックギターのメーカー、
株式会社ヤイリギターに就職。
その後、ギター制作を学ぶために渡米し、ギター制作家トム・リベッキー氏に師事。
帰国後に開業、工房を開かれました。
以来約20年、阿部さんがギター作りで重要視されているのは、
(1)経年や環境に関わらず「安定」していること、
(2)ネックのフィット感を追求した一人ひとりのプレイスタイルに適応する設計であること、
(3)柔軟に修理・調整できる「持続可能性」をもつこと、の3つ。
このこだわりを軸に、常にプレイヤーサイドに立ったギターを作り続けています。

IMG_2246_明るさ補正済

お写真を撮らせていただいたこの日は、WEBサイトの改修とSNSの活用についてディスカッション。今後は、制作過程やこだわりを伝えていくこと、またとても美しいギターなので、
その造形美も伝えていくことでファンづくり、ファンの裾野の拡大につながるのではないかとアドバイス。
また、ABE GUITARSさんのモノづくりの根底にある価値観と技術力、
そこから生み出されるギターの魅力を発信していくことを提案しました。
 
Y-bizでは、ABE GUITARSさんの技術力をより広く知っていだけるよう、情報発信のコンセプトづくりと発信のサポートを続けていきます。


IMG_2226

20年ほど前にアメリカで作られたギターをご持参いただきました。
中央が山形になっているアーチトップギターと呼ばれるものだそうです。
プレスではなく一枚板から削り出されたアーチは芸術品のように美しかったです。

センター長の富松は、ずっと見ていられる・・・・とつぶやいていました。


■ABE GUITARS
山形市滑川1358-1
023-629-3046