東日本大震災の経験を次世代につなげようと、被災された方の声を聞きながら、日頃からの安心と備えを、防災ボックスという形にして全国に届けている有限会社西谷さん。
これまで、アレルギーに対応したものや、甘い非常食に特化したものなど、3シリーズ5種類の防災ボックスを企画・発売してこられました。

そんな西谷さんの防災ボックスに新たなラインナップが加わりました!
その名も、「いつもともしも やさいぼうさい」です!

yasaibousai
3月11日より発売開始する新たな防災ボックス、「いつもともしも やさいぼうさい」。

同社では、SNSなどで被災者の声を集めた際、日常的に不足しがちな野菜は、非常時はもっと足りなくなることに着目。
野菜の旨みと栄養、そして水分も同時に摂取できることを意識し、野菜たっぷりのスープや肉じゃが、筑前煮、豚汁など、5年保存できる野菜の非常食を7種詰め合わせました。なんと、この1箱で約2日分の野菜が摂取できるとのこと。
もちろん調理せずにそのまま食べられます。
ちなみに、西谷さんによると、美味しさも譲れないと、常温でも美味しいと感じられるものをセレクトしたのだとか。


なお、以前のブログでも触れていますが、普段から非常食を食べてもらうことをおすすめしている西谷さん。
今回、東北学院大学の「震災と復興プロジェクト」の学生さんたちとタッグを組み、若い世代にもっと防災や非常食を身近に感じてもらおうと、共同で考案された非常食アレンジミニレシピブックも同梱しています。
このレシピブックも活用しながら、隅っこに置きがちな非常食を、いつもの食事として取り入れてみてはいかがでしょうか。


「いつもともしも やさいぼうさい」は、先月17日より予約を受け付けており、それに伴って新聞やTVでもご紹介されました。

やさいぼうさい_山新
2022年2月17日山形新聞


やさい


2月24日のTUY Nスタやまがたでも。
放送では、同社9代目で防災士の西谷友里さんは、「備えの充実が心の充実にもつながる」と話されていました。


■メディア掲載情報
<新聞>3月8日河北新報
    3月9日読売新聞
<テレビ>3月4日YTS「ゴジダス」

普段の食事に取り入れながら、お家に一つは備えておきたい「いつもともしも やさいぼうさい」は、下記通販サイトからご購入いただけます。
https://nishiya-bousai.stores.jp/


■有限会社西谷
山形市本町2丁目4-25
023-622-5677