古布、着物、反物を、大人が日常で楽しめる洋服としてリメイクし、販売する一陽来福さんがいらっしゃいました。
オンラインショップには、一つ一つ、洗浄から縫製まで手作りで制作された洋服が並び、艶やかな着物がぱっと目を引くワイドパンツになったり、シルクの着物がカジュアルに着られるブラウスになっていたり、と一点物ならではの味が感じられます。
不要になった布や着物をアップサイクル(廃棄物や不用品に新しい価値を与える)する一陽来福さんの活動は、SDGsへの意識が高まっている今、とても大切なことですよね。

IMG_5747

この日、初めてご来所された一陽来福さん。現在のご活動をお伺いしながら、リメイクサービスの販路拡大に関するお話と、新事業をご検討中であることから、今後の進め方について、センター長富松と作戦会議いたしました。
ディスカッションを通し、新たな展開が動き出しそうです!

■一陽来福