先日、地域企業や個人の発明思想の高揚と創造性の開発育成に取り組む、山形県発明協会さんが、お見えになりました。自社のアイディアや技術などの「知的財産」の保護や活用を支援する「知財総合支援窓口(INPIT)」について地域事業者さんに知っていただき、より気軽に積極的に活用してほしいとのことでした。

発明協会

知財総合支援窓口(INPIT)では、知財支援アドバイザーの方が、中小企業等の特許・商標等の知的財産に関する悩みや課題などの相談先として、様々なご支援をされています。また、より専門的な相談や高度な相談については、弁理士や弁護士等の知財専門家によるサポートも行っています。

Y-bizではこれまでも必要に応じて発明協会さんをご紹介し、既に商標、意匠、特許などのご相談で発明協会さんを活用されている事業者さんがおられます。
相手の権利を侵害しない、そして自社の権利を守るという二つの側面から考えることが重要な知的財産。「特許」に限らず、商品やサービスの名前など(商標)やものの形(意匠)など実は幅広く検討する必要があるものでもあります。Y-bizでは今後も、発明協会さんと連携しながら知財関連への取り組みもご支援もしてまいります。

直接、山形県知財総合支援窓口にご相談をされたい方は以下までお問合せください。
窓口担当者や知財専門家への相談は無料です。

問合せ先:山形県知財総合支援窓口
023-647-8130
なお、下記のページには、支援事例やよくあるご相談がまとめてあります。詳しい情報はこちらからぜひご覧ください↓


■一般社団法人山形県発明協会
山形市松栄2丁目2−1 高度技術研究開発センター
023-644-3316